移住・観光・仕事滞在でも、台湾でははずせない食べ物

台湾では、美味しい食べ物が沢山揃っています。

たくさんの日本人(観光や、仕事や、移住)をしている人は台湾の食事が大好きです。

その中でも、はずせないものはやはり小籠包です。
上海料理である小籠包は台湾でもすごく人気のあるのです。
シンプルな料理にこそ味の違いを感じることができるというのです。
小籠包と一言で言っても、お店によって、カニミソ味だったりと味の違う小籠包が沢山並んでいるので、どのお店の小籠包が一番美味しいか食べ比べするのもすごく楽しめます。

台湾といえば魯肉飯もすごく愛されている食べ物です。
ご飯との相性はすごくばっちりで、庶民からも親しまれている味なのです。
豚肉の細切れをしょうゆなどで煮込んで作られるのですが、その家庭やお店などにもよって味が変わってくることもすごく面白いです。
お店でも、人気のあるお店が沢山並ぶほどなので、どこのお店のものが一番美味しいのかを食べ比べするのもすごく楽しめます。
そして、家庭でも手軽に作ることができるのもすごく魅力的です。

台湾では、毎年牛肉麺フェスティバルというものが行われます。
それほどに牛肉麺は台湾ではすごく大人気なのです。
トマトベースやベトナム式など、バリエーションもすごく豊富に作られているところも魅力的です。
ノーマルなものから辛口なものまであり、比較的に辛口ベースのものが人気なんだそうです。

今日本に住んでいて、仕事で台湾をと考えてみたい方はこのサイトを御覧ください。
台湾求人で日本人が働くには

ジャパニーズアーティストも活躍している事実

台湾と日本は私たちの中では仲が悪いといった印象はまったくありません。
私たち日本人も台湾は観光として訪問しやすい場所ですし、台湾の方も日本が好きなのです。
その中で今回は台湾で人気の日本人アーティストを紹介していきたいと思います。
台湾では日本のアーティストの支持率が他の国と比べてものすごく高いです。
AKBをはじめ、倖田來未、SEKAI NO OWARIといった音楽のジャンルがさまざまなオールジャンルで人気を集めています。
AKB48グループはPV撮影などでも台湾を訪れていますし、グッズが販売されているショップも台湾にあることなどから当然の人気がわかります。
またその影響で台湾から日本に握手会に来るファンの方もいるほどです。
倖田來未さんは旦那さんが台湾人の母を持つことから、台湾は第二の故郷といっているほど縁があります。
最近では毎年のように台湾でライブも開催しております。
SEKAI NO OWARIは最近台湾で人気を集めております。日本で人気がでたのも最近ですし、これから世界各国で注目のアーティストです。
つい先日、台湾を訪れた際も空港にファンが殺到するなど圧倒的な人気なのがわかります。
このように日本で人気のアーティストは台湾でも大人気なのです。
こういった音楽を通して日本と台湾が繋がれることは非常にうれしいことです。
これからも日本のアーティストが世界各国で有名になることを期待しましょう。

台湾に行って学んだことと気づいたことコミュニケーション

今年の8月に台湾に行って気づいたことをまとめてみます。

沖縄よりも南にあるので夏は暑いのではないかと思う人も多いと思いますが、本州とそれほど変わりません。スーパーのようなところに行ってみると、日本製品が多くありました。特にコスメが多かったです。話を聞いたところ、日本製品は安心できるのと質がいいので人気だそうです。ですが、他の製品より少し高めでした。台湾と言えば夜市が有名だと思います。

美味しいものやお土産などたくさん売っていますが、日本に比べて治安が悪いため、あまり遅くまでは歩かない方がいいと思います。17時くらいからやっているお店や夜でなくてもやっているお店もあるので、なるべくそちらに行った方がいいです。売っているものの質はそれほど悪くありません。ただ日本より衛生面は良くないのでお腹が弱い人は食べ物に気を付けた方がいいです。台湾の人は温かく優しい人が多いです。

そして、日本語を話せる人も多くて、人気の観光地では日本語が話せる店員さんがいます。日本に対してはいいイメージを持っている人が多いですが、高齢者の方の中には戦争の時のこともあり、あまり良くないイメージを持っている人もいます。話すときは歴史的なものは避けた方がいいかもしれません。

心も体も満たされる旅がしたければ、ぜひ台湾を訪れて下さい!

十回ほど、海外旅行に行っていますが、中でも台湾は、私の中では、一、ニを競うほど、大好きな国です。

いくつか理由はありますが、一番に、居心地の良さが挙げられます。
日本人と分かると、買物するよう強引に片言の日本語を話す人が近づいてくる、というアジア圏の国が多い中、台湾は、そういったことがないので、自然体で旅を堪能できます。

また、料理の美味しさにも、本当に驚かされます。
名の通ったレストランのリッチな食事から、夜市の屋台のリーズナブルなものまで、どこで何を食べても美味しいものばかりで、ハズレがありません。特に、マンゴーかき氷やタピオカミルクティー等、スイーツが充実しているので、甘いものに目がない方は、最低でも体重三キロ増は、覚悟して行った方が良いかもしれません。

そして、台湾にも日本同様、スピリチュアルな場所があちこちに点在していて、金運を願うなら行天宮、縁結のパワーが頂ける霞海城隍廟、そして台湾きっての最強パワーがあると言われている龍山寺、これ以外にも沢山のパワースポットがあります。訪れると、きっと元気になれるはずです。

台湾は、飛行機で三時間程度飛ぶだけで、異国情緒が満喫できて、治安も良い国なので、本当にお勧めです。

私がおすすめする台湾の人気観光スポットはココ!

台湾にはいろいろな観光スポットがあり、どの観光スポットもすごく人気があります。
中でも一番人気のあるスポットは、台北です。
台湾の歴史に触れたいときにはぜひ訪れて欲しい場所といってもいいでしょう。
台湾についてじっくりと知ることができる場所です。
ほかにも西門町にいけば、若者に人気のあるショッピングエリアなどもあります。
さらに東に行けば、グルメゾーンも豊富にあり、いろいろな人に楽しめるようになっているのです。

その他には、九?というところもすごくお勧めです。
赤い提灯の建物が沢山並び、日本では見ることのできない、レトロな雰囲気をかもしだす町としてもすごく人気があります。
台湾ならではの雰囲気を観光するなら、九?もすごくお勧めな場所です。

自然に触れたいときには、台中もお勧めです。
中部は山岳地帯となっており、行く手には原生林が沢山広がっています。
深い山に囲まれた日月潭もすごく綺麗な湖として広がっています。
ロープウェイを利用して、日月潭の絶景を楽しむのも、旅行先ではすごくいい体験になるのではないでしょうか。

台湾には、歴史ある町並みや自然などが沢山あり、食べ物からも台湾ならではの魅力を感じることができます。

台湾のおみやげおすすめは化粧品とお茶で決定!

台湾は健康や美容を気にかけている人がとても多く、化粧品に関してもオーガニックや自然素材を使用したものがとても多いです。日本でも現在オーガニックコスメが人気ですので、台湾に行った際はオーガニックや自然派コスメのお店に立ち寄ってみましょう。

特に美容マスクはとても人気があります。安いけれど美容成分がしっかり配合されていてお肌が元気になります。「我的美麗日記」は種類が豊富にある美容マスクでそれぞれ違った効果があるのでいくつも揃えておくとお肌の調子に合わせて選べるので良いです。「Dr.Morita」というドクターズコスメの美容マスクも人気があります。台湾のドラッグストアに行くと様々なメーカーの美容マスクが陳列されていて見るだけでも楽しめます。どれもリーズナブルな価格なので思わず大人買いしてしまう人もいます。

美容マスクをおみやげにするととても喜んでもらえるでしょう。石鹸も人気でオーガニック石鹸もおみやげに喜ばれるものの1つです。そして台湾の健康茶もぜひチェックしてください。

独自にブレンドされた健康茶が沢山あり、中には苦くてまずくて飲めないものもありますが、かなり健康に良いとされていて不味くても愛飲する人もいるようです。お茶の専門店にも足を運んでみてください。

旅行などで台湾を訪れる人も、少なくはありません。台湾は近年、すごく注目を集めている観光地でもあるのです。

そこで、台湾に行ったときにはどのようなお土産が人気なのでしょうか。

台湾のお土産で定番なのが、何といってもパイナップルケーキ。クッキー生地になっており、パイナップルジャムとバターで作った餡が真ん中に入っています。
日本でもすごく人気のあるお菓子として知られていますが、本場で購入するパイナップルクッキーはどのような味なのでしょうか。

台湾は温暖な気候で、果物王国とも言われています。パイナップルやマンゴー、ごらごんフルーツなど、美味しいフルーツが豊富に作られているのです。
そんな台湾で作られているドライフルーツもお土産にはすごくぴったりです。日本にいながらも、本場のフルーツを楽しむことができるとすごく人気のあるお土産とされているのです。

ドライフルーツが好きな人には特に嬉しいお土産ですね。

台湾土産の定番といえば、台湾茶もすごく人気があります。いろいろな種類があり、どのお茶も香り高く、味わい深く楽しむことができます。日本にいながらも台湾のお茶を楽しむことができます。

お茶もすごく人気ですが、お茶と一緒に茶器もお土産に購入する人もいます。
茶器もすごくお勧めなお土産とされています。

台湾に親日家が多いといわれる理由

東シナ海と南シナ海の中間にある台湾は、日本の九州とほぼ同等の面積(約36000平方km)の台湾島を中心とした島国です。人口は約2337万人。民族は、主に漢民族ですが、原住民系民族も居住しています。経済では、2014年度のGDPは5290億USドルと、世界で26位に位置しています。電子機器や鉄鋼金属製品、精密機器等の製造が盛んです。エイサーやBenQなど、台湾の電子機器は日本でもおなじみですね。

三国志時代より台湾の存在は確認されてきました。1600年代に入ると、アジアへの貿易ルートとして、ヨーロッパの各国から重要視されるようになります。そうして40年間ほどのオランダ植民地時代が始まります。
その後、清朝の内乱などにより東インド会社が撤退させられると、清朝による統治が始まります。
さらに、1895年に日清戦争により、台湾は日本の統治下に置かれます。その後1945年に第二次世界大戦が終結され、様々な内乱を経て、現在の民主国家となったのです。
日本の統治時代には、教育の充実や、衛生環境の改善、農業促進など、ある程度の経済効果が上げたと言われています。またその後の清朝支配の厳しさともよく比較されるようです。
台湾に親日家が多いのは、そういった背景があると言われています。

ネットや携帯も充実な台湾、どのようにして契約、使えば良いか

日本からさほど遠くなく、親日で知られる台湾。旅行や出張などで訪れる人は多いのではないでしょうか。
そこで気になるのがインターネットの環境です。

ここでは携帯電話やパソコンを使ってのネット通信はどのようにして行うのか説明していきます。
まずピンとくるのはWi-Fiではないでしょうか。

台湾では日本と同様、大きなカフェやレストラン、ホテルなどでは無料でWi-Fiが使用できる施設が多数あります。しかし日本ほど普及していないのが現状です。
ときには無料でなく有料だったり、パスワードを入力しなければ使用できない、ということも少なくはないのです。
さらには小さなお店も多く、Wi-Fiが使用できないエリアも多数あります。

そこでオススメなのが、レンタルです。気軽にレンタル出来るこのサービスは、会社によって料金は異なりますが、日本を出国する前にレンタルできたり、台湾に着いてからも借りられます。

日本の空港や台湾の空港でのサービスはもちろん、日本国内の宅配サービスや台湾市内での受け取りサービスなど、充実しているのも特徴の一つです。
まずは目的や滞在日数などを考えて、下調べしてみてはいかがでしょうか。

屋台が多く、夜中の市場でも盛り上がりをみせる台湾で、夜に出歩く際でもWi-Fiを携帯電話と一緒に持ち歩いていると安心できますね。
メールや電話を含め、インターネットが常に出来る状況であれば、安心して楽しく過ごせることでしょう。